« 新年の酒飲み運転が相次いでいます | トップページ | 星野仙一氏が北京の監督に »

2007年1月 4日 (木)

初詣と野球の関係 硬式球でデッドボールは痛いですか?

先日地元の町内にある神社に初詣に行ってきました。
子どものころから変わらない、昔のままの神社でした。
Dvc00144

私の野球人生はこの神社から始まりました。
小学生の時の校区町内対抗ソフトボール大会です。そのとき初めてグラブをはめてソフトボールをやったのです。
その後、ボーイズリーグの豊川ドラゴンズに入って小学生時代は野球に明け暮れたのを思い出します。

この神社で思い出すのが、親友とのキャッチボール。隣町に住む親友とピッチング練習で、なぜかカッコつけて硬式球でやろうということになりました。そして「バッターボックスに立つ人がほしい」となり、親友の弟を強引に連れてきたのです。もちろん親友の弟は「デッドボールが怖いからヤダ!」と猛反発。
最初に私が投げることになっていたのですが、そうそうデッドボールになるような球を投げるようなことはないと自覚していました。実際野球でマウンドに上がったことのある人であればわかると思いますが、バッターに当てようと思って投げてもなかなか当たらないものです。なので、自信を持って彼に「絶対にデッドボールはない!」と伝えてワインドアップに入りました。

「まずは思いっきりど真ん中へ」と心に念じて・・・

第一球投げました!

と私の思惑とは外れて球はバッターボックスに立つ彼も元へ!
見事に初級から彼に足にデッドボールとなりました。大きく弾んむボール。硬式ボールが当たった彼は号泣。そして数秒後にはいなくなってしまったのです。

そんな昔話しを思い出した初詣でした。
Dvc00142

|

« 新年の酒飲み運転が相次いでいます | トップページ | 星野仙一氏が北京の監督に »

活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189343/13328639

この記事へのトラックバック一覧です: 初詣と野球の関係 硬式球でデッドボールは痛いですか?:

« 新年の酒飲み運転が相次いでいます | トップページ | 星野仙一氏が北京の監督に »