« 委員会視察2日目 | トップページ | 桜ケ丘ミュージアムのロビーコンサート »

2007年6月28日 (木)

委員会視察3日目

最終日の本日は東京都の国分寺市役所です。

Dscn0062

防災をテーマに話を聞きました。
いい質問をしよう、当事者にしか聞けない質問をしようと心がけていますが、防災に関しては疎いので稚拙な質問しかできませんでした。まだまだ勉強が必要です。

Dscn0065Dscn0066




この下に飲料用の槽があり、非常時に活用できるのです。ここは湧水を利用しています。ここは国分寺崖線とのことでしたが、その名前は東京に住んでいる時には事あるごとに耳にしました。玉川上水だったか、世田谷渓谷だったか。
とにかく水は奇麗でした。

Dscn0070




防災倉庫も見せていただきました。

Dscn0069




これは蛇口になっていて、消火栓につないで使用するそうです。

Dscn0071




これはマンホール型のトイレです。

3日間を終えて、他市の取り組みを拝見するのは非常に勉強になると感じました。しかし、これを豊川に活かさなければいけません。

|

« 委員会視察2日目 | トップページ | 桜ケ丘ミュージアムのロビーコンサート »

豊川市議会」カテゴリの記事

コメント

被災時の飲料水は、
豊川市内でも個人宅や工場で井戸を持っている処は結構ありまして、電力&水道の供給が断絶した状態でもポータブル発電機などでそういった井戸のポンプに電力を供給さえできれば、各地区に給水所や給水車を設置派遣するよりも遥かに簡単に水の供給を確保できるのですが、市から災害時の協力要請のようなモノが有ったことは無いですね。
私設の井戸の在処については登録と水質検査義務があるので水道局では全て把握しているんですけどね。

投稿: コバヤシ | 2007年7月 4日 (水) 20時26分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 委員会視察3日目:

« 委員会視察2日目 | トップページ | 桜ケ丘ミュージアムのロビーコンサート »