« 近況 | トップページ | 新潟柏崎震災ボランティア2日目 »

2007年8月 5日 (日)

新潟柏崎震災ボランティア1日目

今日は朝から豊川を出て新潟柏崎へ。
高速道路を通って行きます。
Dscn0321






いきなりありました。
柿崎IC~米山IC間で片側1車線になっていました。

到着したのが昼過ぎになってしまったので今日は市内を見学。
ヒューマンシールド神戸の吉村さんは震災の1時間後から中越に入っているそうで、市内の状況を説明してくれました。 


Dscn0368Dscn0419Dscn0370








大きい国道沿いは見た目はなんともありません。しかし、一本道を入ると惨劇の跡が見受けられました。

Dscn0404Dscn0375







倒壊しているのは、いずれも古い家屋。重い瓦を載せた家が、ゆっくり大きい揺れに耐えきれなくなった結果、1階部分だけ倒壊していました。その隣では崩れずに堪えている住宅があったり。

Dscn0337







ボランティアでテントを配っている鶴岡市議会議員の草島進一さん。


Dscn0421







被災者のみなさんにはかなり好評だそうです。体育館で寝泊まりする時間が長くなると、プライベートな時間がないのです。そこでテントの登場です。小さいながらプライバシーは保たれます。

Dscn0354






被災した延命寺から物資を運びだします。こんなことでも感謝していただいて、深々と頭を下げられてしまいました。恐縮です。

Dscn0359 





傾いてしまったのをワイヤーで止めています。まだまだ再生できるそうで、今日は曳き屋さんと打ち合わせをしていました。

Dscn0360






裏に回ってみると、つっかえ棒をしています。これが効果抜群のようです。

Dscn0431






航空会社のJALから提供されたクーラーです。ジェットエンジンでしょうか?凄い効きで、広い体育館はヒンヤリ涼しいです。非常に快適でした。

道を歩いているだけで、地元のみなさんから「ご苦労様です。ありがとうございます。」と声をかけられます。そのお宅には何もしてないのです。きっと以前ボランティに助けられたのでしょう。ボランティの存在が非常に大きいと感じました。

柏崎ボランティセンターには各地の社会福祉協議会の方が活躍していました。神戸などの以前被災した地域の社会福祉協議会の方々が、助けられた恩返しという意味も込めて今回の中越沖震災の復興に寄与していました。

明日はいよいよボラセンの登録しての作業です。暑くなりそうです。

2日目へ



現地の情報はこちらから
新潟県
柏崎市
刈羽村

新潟県社会福祉協議会
柏崎市社会福祉協議会

|

« 近況 | トップページ | 新潟柏崎震災ボランティア2日目 »

活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189343/16028261

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟柏崎震災ボランティア1日目:

« 近況 | トップページ | 新潟柏崎震災ボランティア2日目 »