« 中日ドラゴンズ!53年ぶり日本一! | トップページ | 区画整理の現場視察 »

2007年11月 7日 (水)

豊川市の上下水道視察

先日、一日がかりで豊川市に関わる上下水道施設の視察に行ってきました。
Dscn1258

コースは大島ダム→大野頭首工→東西分水工→西部幹線二期工事→一宮浄水場→江島処理場→流域下水道接続点→豊川浄化センターです。

ダムから水道水になり、下水道から浄化されるまでの一連の流れを勉強です。

まずは大島ダム。

Dscn1224Dscn1222





ここは水資源機構管理しています。その館長さんから貴重な話を聞くことができました。豊川流域は非常に水のきれいなところのようです。館長さんのように全国を回っていなければ実感できないことですね。

ここから流れ出た水は大野頭首工に流れ着きます。水門があります。画像は豊川下流を望んだところ。

Dscn1226





ここから豊川と大野導水路に分かれます。画像の手前が大野導水路です。東西分水工に向います。

Dscn1235






ここが東西分水工。豊橋から田原に向かう東部幹線と豊川市の駒場に向かう西部幹線に分かれます。画像の手前が東部幹線で奥に見えるのが西部幹線の水門です。
Dscn1241







西部幹線の二期工事の現場です。現在の西部幹線とは別ルートで駒場に向かう水道を
作っています。トンネルの中に入らせてもらいました。

Dscn1247Dscn1252Dscn1256






吹きつけのコンクリートで瞬時に固まらせることができるそうです。トンネル工事に関して長年の疑問だった「両側から掘り進めた時に、どうやって合流させるのか」を聞いてみました。答えは地上から測量すれば今の技術ならそんなに難しいことではないとのことでした。確かに昔は行き違いになることが結構あったそうです。


一宮浄水場です。ここで市内の施設を24時間管理しています。
Dscn1278Dscn1270


 




豊川の取水口です。ここはもともと海軍の施設だったそうです。豊川市内には海軍工廠のおかげで早くから水道管が埋め込まれているそうです。しかも当時の鉄が一番頑丈だそうです。現在も海軍の管が地中にある場所が存在するそうです。
Dscn1279










江島処理場です。江島地域の農業集落排水を処理しています。週に1回、利用組合の方がゴミ管理をしているとのことでした。
Dscn1284 Dscn1282








そしてお隣豊橋市にある豊川浄化センターです。最終的に豊川市の下水はここに流れ着きます。これは愛知県の施設です。堅苦しいですが、豊川市が作った施設と愛知県が作った施設が全く別物と考えてください。ですから豊川市民の下水は豊川市の管を通って、愛知県の作った管にお金を払って接続しているのです。その行先がこの豊川浄化センターです。
Dscn1293





まず下水が流れ込みます。   

Dscn1295





表面に浮いているのはバクテリアです。
Dscn1297





数個先の水槽です。だいぶバクテリアが無くなってきました。
Dscn1301





汚泥と分離して、見た目でもきれいになってきました。
Dscn1304




きれいになった水は三河湾に流されDscn1314ます。
Dscn1312





浄化センターで溜まった汚泥はここで焼却されます。

Dscn1316





最後は燃やしてしまうんですね。恥ずかしながら初めてしりました。私たちの出した生活排水は結局CO2を出してることになるんですね。

山から海への行程を目で見てきました。
何気なく蛇口をひねっていますが、こういった施設をそれを守る人に支えられていると実感しました。

|

« 中日ドラゴンズ!53年ぶり日本一! | トップページ | 区画整理の現場視察 »

豊川」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。